2021年度大地を守る第一次産業支援基金の活動のご報告(中間)

Activity Report

2021年度大地を守る第一次産業支援基金の活動のご報告(中間)

奥山さんのさくらんぼの霜害支援報告

今年、全国随一のさくらんぼ産地・山形県では、4月10日前後の強い冷え込みにより咲きかけのさくらんぼのおしべが凍って枯死、また4月26日晩から27日朝にかけても強い冷え込みに襲われ、満開の花がダメージを受けてしまい、県内全域で大きな被害が出ました。
大地を守る会に25年間さくらんぼを出荷している生産者の奥山博さん・博文さん親子も、今年の作付け2,300kg分のうち出荷できるのが720kgという厳しい状況に置かれました。
(霜害があった今年は、一枝に数個しか実がついていません。)
大地を守る会は「大地を守る第一次産業支援基金」から支援金30万円を奥山さんにお届けしました。支援金は霜害防止対策などに使用される予定です。

PAGE TOP