品質への取り組み

基本的な考え方

オイシックス・ラ・大地は、「つくった人が、自分の子どもに食べさせられるもの」のみをお客さまへお届けすることを品質管理の基本と考え、以下の基準で安全を確認しています。

当社グループでは、青果物は農薬の使用が慣行栽培の半分以下のものを扱い、残留農薬検査を行っています。取り扱う青果物は、栽培管理予定表を作成・記載し、農薬の使用回数と使用計画を確認し、基準に合致しているものを扱います。地域で古くから育てられている伝統種や希少価値のある青果物についても、当社基準にのっとり安全を確認し、お届けしています。
加工食品は、素材の味を生かすことを基本にしたものを厳選し取り扱っています。また、合成保存料や合成着色料は、可能な限り使用していない品物をお届けしています。主原料に遺伝子組み換え原料を使用したものは、取り扱いしていません。
商品をお届けする際の包装資材についても環境に配慮した素材への取り組みとともに使用量の削減を積極的に進めていきます。
国内主要ブランド(Oisix、大地を守る会、らでぃっしゅぼーや)の安全への取り組み

品質向上に向けた取り組み

当社グループでは、各物流拠点において、入荷した青果物や商品が適切な保管温度に維持できるよう、適切な保管場所で管理しています。
お客さまにお届けする商品にご満足いただけるように、出荷前には目視・検品による不具合商品の排除に取り組んでいるほか、商品を箱詰めする際は、商品ごとの適切な置き場所、向きなどにもこれまでの経験を踏まえ、丁寧な荷扱いと、梱包を行っています。
また、お届けする商品が、配送車の揺れなどの影響で梱包箱内の移動や品物どうしのあたりなどで破損が出にくいように、配送委託先への荷扱いについても定期的に配送に関する状況を共有し、配送による破損の削減にも取り組んでいます。

PAGE TOP