グリーンシフト

基本的な考え方

「これからの食卓、これからの畑」のために、豊かな地球の未来をつくります。
オイシックス・ラ・大地は食に関する環境課題に向き合い、ビジネスの手法で解決し続けます。
食べる人と作る人とを繋ぐ方法をつねに進化させ、持続可能なサプライチェーンの構築を継続的に行います。
当社グループは、脱炭素社会実現のために2020年11月に“グリーンシフト施策”を定めました。これは環境に関するグループ会社共通の目標です。

◆グリーンシフト施策

項目 目標 現在の進捗
1 当社独自の
グリーン基準の導入
当社にかかわる農業生産において、温室効果ガス排出量を、今後5年以内に半減 ・スコープ3カテゴリ1のCO2排出量調査の実施
・グリーン基準の策定と導入
2 配送車の
グリーンエネルギー
実証実験の開始
自社配送車のEV化による温室効果ガスの排出量の削減 ・EV冷蔵車のテスト検証
3 商品パッケージの
さらなるグリーン化
当社取扱商品の包装を2021年度以降4年以内に50%以上環境対応素材へ変更 ・ミールキット「Kit Oisix」の袋、青果袋の環境対応袋への変更
・過剰包装の削減
・ラベルレス、詰め替え商品の品ぞろえ強化
4 フードロス削減の
取り組み強化
各宅配ブランドにおけるフードロスゼロ ・オペレーション改善による食品廃棄物の削減
・余剰在庫の活用
・食品残渣の堆肥化など、リサイクルの促進
5 アップサイクル食品の
販売推進
オイシックス・ラ・大地独自のアップサイクル売場の構築 ・アップサイクル食品の企画・販売
2021年7月よりOisixブランドにて「ここも食べられるチップス」を販売開始し、捨てられてしまうブロッコリーの茎・ダイコンの皮を活用

◆温室効果ガス排出削減の全社目標

項目 カーボンニュートラル
達成目標
実施内容
1 スコープ1・2 2024年3月 ・省電力化
・オフィス・全物流拠点電力に再生エネルギー導入を推進
・特定フロン排出抑制
2 スコープ3 2026年3月 ・グリーン基準の導入
・商品パッケージのグリーン化
・食品廃棄物の削減
・食品残渣のリサイクルの促進
・配送車の省エネルギー配送とEV化の実証実験
PAGE TOP