新型コロナウィルスへの
取り組みと支援活動

オイシックス・ラ・大地株式会社では、新型コロナウイルス感染拡大を受け、社内での感染予防強化を強めると共に、日々ご支援いただいているお客さま、生産者さま、そして不安の広がる社会への支援活動を進めております。

当社の感染予防への取り組み

マスクと帽子の着用
社員および荷物の衛生対策について、作業室に入る際はマスクと帽子を着用しています。
アルコール消毒の徹底
手はアルコール消毒をし、菌・ウイルスを持ち込むことのないように普段から徹底しています。
商品の検品
商品につきましては、入荷後の検品で痛みや腐敗などが見つかった場合はお届けしないようにしています。
体調チェック
体調不良作業者が荷物に触れることのないように、作業前にチェックしています。
毎日の検温
政府の意向に基づき、毎日検温し、体温が37.5度以上の場合は出社しないようにしています。
配達方法への配慮
配送を委託している運送会社に対して、配送員のマスク着用や直接手渡し以外のでの配達など、コロナウィルス感染に配慮した配達方法の実施を申し入れております。
荷物のお届けの際、対面手渡し以外の方法によるお受け取りをご希望されるお客さまは、インターホン等でご希望をお知らせください。

お客さまの外出控え、休校への支援

「おうちでお花見」桜のペーパーインテリアをお届け
3/26(木)16:30更新
おうちの中でも明るい春の訪れを感じていただけるよう、桜のペーパーインテリアが作れるお花見ペーパーを今週のお荷物と一緒にお届けします。
ページから印刷できるお花見ペーパーもご用意しました。
くわしく見る
【1回目レポート公開中】高校生向け農業体験の参加者を募集
臨時休校を受けて、高校生向けに生産者が参加者を募集する「農業体験」の情報を紹介するサイトを開設しました。
風通しの良い畑で、普段とは違う体験を高校生に提供します。
くわしく見る
「家庭で家庭科」特設サイトを開設
休校が続いたり外出を控えがちなこの時期に、ご家庭でお子さまが家庭科を学ぶ体験を通して、アクティブ・ラーニングをすることができるコーナーを開設しました。
くわしく見る
外出控えなどに役立つ商品を紹介
人混みや外出を控えがちないま、お手軽に準備できるランチメニューや、ご家族で楽しめる夕飯メニューをご用意した企画をスタートしました。
くわしく見る

生産者さんへの支援

【生産者さんのメッセージ公開中】休校で余ってしまった牛乳を緊急販売
3/23(月)19:00更新
小中高校の臨時休校で余剰が出る牛乳や乳製品などの生産者を支援します。3/5(木)よりOisixで一斉休校で困っている酪農家の牛乳を緊急販売します。
四日市酪農さんからお礼のメッセージをいただきました
「お家で食べて応援!北海道物産展」特設サイトを開設
観光客減少、外出控え、店舗での物産展中止などで影響を受けている、北海道のメーカーや生産者の商品を販売する特設サイトを開設しました。
北海道の食品の魅力を伝え、北海道の経済支援となることを目指します。
くわしく見る

社会への支援

保育園へ「みかんジュース」を提供
保育園でがんばる先生方に、ささやかな贈り物として、当社の食材を利用いただいている約300か所の保育園へ向け、当社オリジナルの「みかんジュース」を提供させていただきました。
保育園からお礼のメールをいただきました
子ども食堂にて当社食材の利用
当社が食材提供の支援をしている一部の子ども食堂は、一斉休校で困っている一般家庭への食材宅配を行っており、子ども食堂を通じて当社食材をご利用いただいています。
くわしく見る

外食企業への支援

全店舗を休業している「塚田農場」の食材販売
全店舗を休業している「塚田農場」は食材の多くが契約栽培、生産であるため、店舗で食材の使用ができない状況となり支援販売をスタートします。「Oisix」の専用ページで看板メニューである黒さつま鶏(地鶏)のセットなどを販売し、Oisixの定期会員でない方でも購入が可能です。
ご購入はこちら くわしく見る

医療従事者さんへの支援

最前線で働く医療従事者の方たちを「食」でサポート。
医療従事者の食品ニーズと、食品を物資支援いただける賛同企業をマッチングするプラットフォーム「WeSupport」の設立を進めています
くわしく見る

他社サイトで紹介

当社の取り組みが紹介されました(ヤフー株式会社様の外部HPに飛びます)
記事を読む
PAGE TOP

ジュースをお贈りした
保育園から
お礼のメールをいただきました


お世話になっております。

先日の丁寧なご説明、本日いただきました給食だよりの見本、ありがとうございました。

そして、

今日は、配達の方からオイシックスさんからのサプライズを受け取り、大変驚き、同時に張り詰めている緊張が一気にとけるほど、嬉しくて温かい気持ちになりました。
全員の職員があのお手紙に、感動と感謝を申しております。
写メに残したいと申し出る職員もいたので、全員へコピーして一同で共有させていただいました。

普段何でもない装いで現場におりますが、あの手紙で目頭が熱くなる私たちは、今の情勢で今回保育室が置かれている状態が、自分が思っているより不安や緊張の中で頑張っているんだと言うことにも気が付きました。
「頑張ってください」と。理解してくださる方や背中を押してくださる方がいて、まだもう少し頑張れる!
そんな気持ちになりました。


閉じる